バッグの底の始末

2013.06.08
昨日のカルチャーセンターの帰りに、
講師課の作品見本を保管してある
以前住んでいたところに荷物を取りに行きました。

鍵穴にキーを差し込み。。。。。
あれ

どうやら違う鍵を持ってきたようです。


どうすることも出来ないので、
本日改めてしっかり鍵を確認して持って出かけました。


懐かしい作品を眺め、その作品を作った時の事を
思い出しながら、しばらく時を過ごしました。
生徒さんの参考作品となるので、こちらに持ち帰ってきましたが、
結構重かった


                       



少しずつ進めている「風車」のバッグ。


キルティングが終わりました。


DSCF2469.jpg


表側はどこを合わせたか、わからない・・・よね


DSCF2468.jpg


裏布も平らに出来ました。




底は楕円形。


どうしても中身を入れると底の部分がよれ~っとしてしまうので、
ハードな接着芯を貼り付けて、まつり付けます。



DSCF2472.jpg

縫い代の始末と同時に底の強度も増すから、
とっても便利。

いつもご覧いただきありがとうございます


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する